2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

雑記・雑談

2023年1月27日 (金)

物流ストップの判断

先日の大寒波では、三重と滋賀、兵庫と岡山など県をまたぐ高速道路や県道で立ち往生が発生し

22時間ものあいだ車列が動かない状況が発生したり、地域によっては自家用車を置いて自宅に徒歩で帰ったりと

様々な混乱が発生しました。

立ち往生による車列の映像を見ると、嵌っていた車両の多くは大型トラックで

やはりこういう大雪などの危険な気象状況下においても物流をストップさせることができず立ち往生に巻きこまれてしまったドライバーが多数発生したようです。

荷物を必要とする荷主の協力がなければ運送会社の判断で直送便などストップする事ができないケースが多いと思われます。

こうした異常気象が発生したときに物流をストップする判断を誰がどのようにするのか

物流事業者だけでなく、商品や荷物を必要とする荷主や送り主も含めて、起こりえるリスクとして普段から計画や対策などを行っておくと良いと思います。

どんなに無理を言っても、道路が閉鎖状態になってしまえば品物を運ぶことはできません。

出荷を一旦とめて1日遅れの到着でまかなう事を前提とした運用シミュレーションをこういう事態が発生する場合的確に判断する人が必要でしょう。

2023年1月23日 (月)

寒波襲来の予報

今週は全国で10年に一度レベルという寒波が襲来する予報がでています。

10年近く前の2014年2月14日に関東地方で大雪による大雪害が発生しました。

この時は交通網の大混乱による物流の遅延が1週間くらい続き、日常生活に大きな影響がでました

地域によっては電気、水道が止まり、外出も不可能な状態となって非常に厳しい事態になった家庭も沢山ありました。

群馬県内も前橋で70cmを超える積雪を記録し、たまたま妻の実家に行っていたところこの70cmを越える積雪にあたってしまい

しばらく妻の実家から移動ができなくなるという状況になりました

今回の寒波がどの程度雪などの影響をおよぼすか予報など注視して準備をしていく必要があると思います。

週末はスタッドレスタイヤの交換のためタイヤ販売店などは長蛇の列だったそうです

なるべく早い対策を行うことが大事だと感じます。

2023年1月20日 (金)

世界的半導体不足の実情

先日、メーカーの開発担当の方と半導体不足の状況についてお話を聞く機会がありました

世界的な半導体不足により、さまざまな製品の供給が遅れている状態になっています

一般的なパソコン、コンピュータ関係の電子機器だけでなく

家電や自動車、空調設備、住宅機器、照明器具などおそらく電気を使う機器についてはほぼすべてに半導体は使われていて

そのすべてが影響を受けているといって間違いありません

この半導体不足の状況、現場ではどうなっているのかお聞きしたところ

半導体が不足する、または実際に不足したという事態にともない

メーカー各社が今後の生産に影響がでないように通常在庫よりはるかに多い量を発注してストックしたそうです。

その大量発注による波動により、半導体生産は益々パンク状態になり納期はさらに遅れる事になりました。

さらに大量発注によって大量にストックされた半導体は在庫がなくなるまで次回発注がかからなくなるので

新しい製品を開発するにあたって本来切り替えられる半導体の仕様が大量の在庫を使用する必要があるため旧来仕様を使う前提での開発になったそうです。

また、半導体製造メーカーも、多種多様な半導体生産を平準的に行ってきたのが

大量発注の影響で生産スケジュールに波動ができるようになり、次回発注時にまた他社の大量発注とかみ合って納期が遅れるという悪循環になる事があるそうです。

 

こうした、大量発注による部品の物流が大きな波動となって動いてしまうのは

従来日本の生産現場が進めていたカンバン方式による在庫、物流管理の真逆になってしまい

部品在庫の保管コストや大きな波動発生による物流管理コストの上昇を招いてしまいます。

 

思い返せば、コロナ過が始まったばかりの頃、

市場のマスクが足りない事をうけて、大量のマスクを買い占める人が沢山でて余計に市場にマスクが流通しないという時期がありました。

東日本大震災の時もガソリンが不足した時期、また十分な燃料が車に残っているにもかかわらずガソリンスタンドに何時間も並んで燃料を満タンにする人が沢山いました。

 

必要な物が足りなくなる、不足するという状況が迫った時、買いだめに走るという行動が

全体の供給や物流の流れを著しく壊してしまうという実態があります。

本来ならこうした状況下でどこかで誰かが状態の整理をする必要があると思うのですが、まだそういった仕組みは日本にはないようです。

2023年1月10日 (火)

2023年が動き出す

年始の様々なイベントでよく聞くフレーズが

「3年ぶりに開催されました」

コロナ過の中、様々な年始行事やイベントが中止されてきた中、2023年に感染対策をした上で多数のイベントが再開されました

報道ではコロナウイルスの感染者も死亡者も高止まりしている状態ですが

こうした感染リスクもふくめてウィズコロナの世界という事なのでしょうか

感染した場合のリスクの高い人は行動制限されている事があるようですが、それ以外の人はかなり以前の生活に戻ってきている印象です

実際、昨年に比べても、先日の三連休は各所大いに人出でにぎわいました

海外への渡航や海外からの観光客の受け入れも徐々に本格化していって、本当の意味で今年は日本が動き出す年になるのかもしれません

この3年間のコロナ対策でつかった国費であったり、これからの少子化対策の為に消費税のさらなる増額や

その他あらたな税収項目が追加されていきそうな気配ではありますが

なにはなくとも人の動きが無ければ商流も動きませんので、世界が良い方向で活動的になってもらいたいと思います。

2023年1月 5日 (木)

2023年ひまわりユアハンズ宜しくお願いいたします

謹賀新年

2023年1月5日 ひまわりユアハンズ営業開始となっております

本年も宜しくお願いいたします

 

2022年はウクライナ戦争、安倍元首相銃殺事件、急激な円安と物価高など

驚きの多い1年でした

2023年はこうした驚きの事件から波及する社会情勢の不安が広がっていくような1年になりそうな予感がします

景気の良い話がなかなか出てこない状況が続いておりますが

創意工夫でお客様の物流業務を今後もサポートさせていただき

業績アップのお手伝いが出来ましたら幸いです。

2022年12月 5日 (月)

ネット通販の詐欺サイトにご用心!!

今朝、報道番組でもやっていましたが、ネット通販の詐欺サイトによる被害が増えているそうです

もともと存在する通販サイトとそっくりに作り、問題なく商品を販売している雰囲気をだしていますが

もしそこで購入決済をしてしまうと、当然商品は届かないばかりか、個人情報やクレジットカード情報など

重要な情報が詐欺グループに伝わってしまいます。

クレジット情報については悪用され、身に覚えのない買い物やキャッシングなど勝手にされてしまう可能性もあります

初めて利用する通販サイトについては、そのサイトの運営している会社名を

インターネットの検索サイトで検索するなど、詐欺サイトでないかどうかの確認をしてから利用するのが良いと思います。

もしも詐欺サイトで買い物をしてしまった場合は、

現金振り込みしてしまった場合は消費生活センターなどに相談をしましょう

クレジットカードを使用した場合は直ちに使用したカードを紛失・盗難扱いとして停止をしましょう

私達の生活の中でネット通販は本当に身近になったと感じます

それゆえに、こうした便利な仕組みを悪用する輩が沢山いるという事にも注意する必要があるでしょう。

2022年11月30日 (水)

失われる年間所得

日本経済では失われた30年という論議がさかんにされますが

賃金がほぼ横ばいで消費税が10%まで上昇したということは消費に使用できる所得は10%減っているという事で

ここにさらに電気、ガスなどの光熱費が大幅に値上がりされることになり

さらに消費にまわせる額は少なくなっていきそうです。

結局こうしたマイナス要因から日本の消費者は「安くなければ購入しない」という基本スタンスになり

企業は1円でも安くするために設備投資や人件費を削りまくり、現状の状況となっています。

90年代には今から見ると割と無駄な労力を作業者をあてがって処理する必要があり、こうした事が商品のコストにも反映していたのですが

現在は販売コストに見合った工数と人員をあらかじめ想定した上で価格に反映させるという

商品の開発や流通のコストダウンの方法が主流となり、仕事の所作にムダは少なくなりました

これだけシェイプアップされた各種業務体形の中でこれ以上の「安くしなければ売れない」という状況を維持するのは

本当に至難の業となってきます。

企業が生き残るためのコストダウンを採算ギリギリまで追求するか、すべての産業が値上げをして同時に従業員の賃金も引き上げていくようになるか、ここ数年こうした状況のもみ合いが続くでしょうね

2022年11月22日 (火)

最先端半導体製造会社「Rapidus」のニュース

トヨタやNTTなど日本の大手企業数社が出資した半導体製造会社が誕生するという報道がありました。

バブル崩壊後、失った30年と言われて久しいですが、どんなモノでも国内で製造していた80~90年代から

2000年代のグローバル化の流れになって、日本から様々なモノ作りの現場が無くなっていきました。

優れた技術者は海外の工場に赴任して日本式の品質管理の元に海外の自社工場による生産にシフトし、

また、それにより底上げされた海外の周辺工場や関連会社に委託生産を依頼するという流れになりました

気が付けば、日本の国内にこうした工業製品を作る技術者や職人はいなくなり、モノつくりの本場は

アジア諸国になっていったという状況です。

日本の商取引の慣例で、発注側が圧倒的なイニシアチブを取るという考えの中、海外のこうした工場には日本企業の希望する仕様と納期で様々な製品が輸入されてきました。

しかし、ここにきて、こうしたアジアなどに広がった半導体製造メーカーの需要に対する供給が圧迫され

また、その製品仕様の高度化から他の国や企業にマネの出来ない仕様となってきて、半導体製造は石油や天然ガスのように

供給できる国や地域が限定された、製造者側がイニシアチブを取れる製品に変わってしまいました。

私が学生だったころ、NHKで放送されていた「電子立国日本の叙事伝」という番組で、日本の大手、中小メーカーが

半導体技術を確立し、それを広めていくために奮闘していった様子を見ましたが。

あれから30年。まさに失われた技術と精神だと感じます。

新しい半導体製造会社には昔苦労した先人たちの思いを受け、先行している諸外国の技術をどん欲に取り入れつつ、若い技術者に頑張ってもらいたいものです。

2022年11月 7日 (月)

横浜の人出

週末、横浜中華街に家族で行ってきました。

コロナ制限もなくなり、日曜日の昼の中華街はたいへんな賑わいでした。

これでもおそらくコロナ前の状況から比べたらまだまだ少ない人出なのかもしれませんが

長らくコロナ制限下で密な状況をさけた生活をしてきたので、こういった賑わいのある街に行くのは本当に久しぶりでした。

ふだん静かな環境で暮らしている事もあり、家族もこうした賑わいのある街中を楽しんだ一日になりました。

先日の韓国での雑踏事故の記憶も新しい中、路地のような狭いところに人が集まっている状態を見ると怖さも感じるようになりましたが、これはコロナ過で密な環境を避けていた事も重なっての違和感なのかもしれません。

恐らく年末年始にかけてもこうしたコロナ制限の開けた人出が街中や観光地では増えていくと思いますし、それにあわせて経済も活発になっていくと思います。

長らく店舗の営業規模を落としいた宿泊施設や飲食店や販売店は、今後来店客の戻りを予想して、店舗内従業員の確保が必須になってくると思います。

こうした中、一斉に求職が開始された状況になっていると思われます。再雇用がなかなか進まず、仕事がコロナ前の状態に戻せないお店もでてくるかもしれません。

 

2022年10月31日 (月)

大きな事故を経験して対策を講じること

韓国ソウルの繁華街で群衆雪崩が起こり、150人を超える死者が出ました。
10~20代の若者が大多数という事で大変痛ましい事故だと思います。

日本でも過去120名を超える群衆事故が起きています。
1956年1月1日 - 彌彦神社事件 新潟県西蒲原郡弥彦村の彌彦神社で初詣客が殺到。死者124名、重軽傷者77名。

記憶に新しいところでは、2001年7月21日 - 明石花火大会歩道橋事故。花火大会の終了後に起きた群衆雪崩により11名の死者がでました。
犠牲者の多くが小さな子供達だったこともありこのような事故を繰り返してはいけないという事で、様々なイベントで対策が取られるようになりました。

その後、各地の花火大会や初詣、大きなイベントなど、官民あわせた警備や人の誘導が行われています。
今年の渋谷のハロウィンの雑踏でも、多くの警察官が例年警備にあたっています。

予想できない、または予想を超える事態により大きな事故や悲劇が発生する事があります。

その時、その場に居合わせた人はなすすべもなくこうした事故に巻き込まれてしまいました。
しかし、そのような事故を繰り返さないように、対策を行う事の重要さを私達は知っています。

労働災害についても全く同じで、毎年、労働災害に関する事例を確認し、同じ環境で同じ事故が発生しないよう
全国の職場で情報共有がされています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー