2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年10月

2023年10月30日 (月)

渋谷ハロウィン騒乱

今年のハロウィンは4年つづいたコロナ過の環境から解放をされてから初めての年という事もあり

渋谷では例年以上の厳戒態勢で密集対策を行っています

基本的にはハロウィンの騒乱目的で渋谷の街中に集まらないで欲しいというキャンペーンを大々的に周知をして騒乱や雑踏事故を起こさないように環境整備を行っているようすですが、それでもそういうお願いを無視して集まってきてしまう人も一定数いると思われるし、渋谷の街中にいけなくなった人は別の場所を探してあつまるようになるわけで、逆に雑踏対策をしていないような場所に過剰に人が集まってしまった場合、渋谷以上に危険な状況が起こる可能性もあります。

ハロウィンというイベントを日本で商業イベントとして定着させようとする動きはここ10年くらいの間に急速に高まったと思います。

本当にいったい何の力がどこからかかっているのか?というくらい露骨に様々なメディアでハロウィン特集が組まれ、本来日本人になじみのない風習が一大商機となるように仕向けられたような感じです。

現在、流通小売りで日本第4位の売上となるようなったドン・キホーテなどは、ハロウィン商戦でもっとも恩恵を受けた会社なんじゃないかな~と個人的に思っています。

ハロウィン関連の盛り上がりで仮装衣装の売上が急激にあがり、ドン・キホーテの売上は一時期、クリスマス商戦よりもハロウィン時期の方が多かったと言われています。

そんな急激な盛り上がりを見せてきたハロウィンですが、盛り上がったがゆえに商機としては恩恵を受けていたはずの渋谷の店舗が、逆に制御が効かなくなったがゆえに早めの店じまいや、渋谷に来ないで欲しいというキャンペーンを行うようになったというのは、なにか皮肉めいたものを感じます。

2023年10月23日 (月)

失敗から学ぶこと

歌手の谷村新司さんが亡くなった報道が先週ありました

名曲を沢山作り日本の歌唱界で大きな足跡を残した谷村新司さんですが亡くなった後の報道で知りましたがデビューしてしばらくの間不遇の時代を過ごしていたそうです。

海外でのコンサート展開に失敗したりして大変な借金を抱えてた時期もあったようですが、芸能活動を続ける中、ヒット曲にも恵まれ大スターになっていったそうです。

失敗から学ぶことは成功体験を維持する事よりも大きな体験になる事が多いです

失敗してそのまま夢をあきらめざるえない状況になる事も沢山あると思います。むしろ失敗から立ち上がる事の困難さは失敗から学んで成功するなんていう結果論では言い表せないくらい厳しい事なのかもしれません。

2023年10月10日 (火)

イスラエルで戦争

10月の3連休中、イスラエルがハマスへの宣戦を布告したというニュースが入ってきました。

常に戦争の火種がくすぶっていたイスラエルとその周辺ですが、ウクライナに続いて戦争が始まってしまいました。

こうした紛争が各地でおこっていくと、いづれは台湾情勢にも悪い影響がでるのではないかと心配になってきます

私達の生活は日々の生活が戦争に脅かされない平和な状態で繁栄を迎える事ができます

逆に戦争をすることで繁栄をする国家があるのだとしたら、それは常にだれかの犠牲の中で富を得るという強奪というなの搾取だと感じます。

なにかを犠牲にすることでなく、ともに繁栄していくような世界になれるよう、紛争や考えの違いは暴力ではない解決をして欲しいです。

2023年10月 2日 (月)

さまざまな物事が変わる10月1日

10月1日より私達をとりまく様々な事が変っていきます

まず大きな変化としては各種請求業務にかかわるインボイス制度が施行されます

報道ではインボイス制度という言葉だけが先行してしまい、その制度そのものの意味合いがあまり語られていませんが

仕入税額控除の適用要件が変えるというのが大きな制度改変の目的で消費税の納税をいままで以上に確実に管理する手段です。

いままで免税対象とされた事業者がその対象でなくなったり、各種事務負担が増えるなど制度そのものに対する批判が多いですが、それでも政府がこの制度を進めるのは、今後の税制収入をより確実に行っていきたいという強い意志を感じます。

労働人口が減り、世の中から税収の元となる物がどんどん少なくなることが予想されている状況下で、政府はあの手この手でさまざまな分野からの税金を設定し、またその徴収を確実な物にするためのシステムを作っています。

さまざまな商品の値上がりとこうした税収の上昇とあいまって、私達の実質賃金は下がっている状態です。

現在の私たちの暮らしぶりは80年代90年代の頃にくらべて本当にみじめな気持ちになるくらい貧乏くさい感じになっているような気がします。

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »