2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月27日 (水)

佐川急便と郵政で「ゆうパケット」サービス4月から

佐川急便は郵便局と協業により、ポストサイズへの投函が可能なサイズの輸送物を

ゆうパケットとして対応できるようになりました。

 

https://www.sagawa-exp.co.jp/service/y-packet/

 

 

佐川急便はどちらかというとBtoBの荷物取扱いが主力で、個人宅配の扱いについては、最小サイズが60サイズ

それ以下のサイズで割安の配送料金体制を持っているヤマト運輸や郵政にくらべて

小物通販の扱いは割高な印象となっていました。

 

これが今回の郵政との協業により

60サイズ以上の宅配物は佐川急便で、それ以下のポスト投函可能な物はゆうパケットとしてあつかう事が可能になりました

これまで、どんなに小さくても60サイズ運賃での出荷しかできなかったのですが

250円~360円で全国一律単価という内容は佐川急便を中心に利用している物流業者にとって大きなメリットとなります。

 

個人通販の取扱量も増えた状況の中で、郵政と協業することにより、小物宅配の扱いを増やしていくという目的もあると思いますが

郵政としては、各郵便局での集荷、仕分けなどの処理を行う必要がなくなることでの物量増加による環境圧迫やコスト増の削減が見込め、

佐川急便側としては、通販配送で一番ネックになる、送り先不在による持ち帰り~再配達という配送ロスを、郵政がポスト投函で完了してくれるという事で大幅に解消する可能性が出来るという事です。

利用者側にとっても、郵政は基本的に集荷をしてくれない体制なので、ゆうパケット扱いでも佐川集荷便で回収してもらえるのは大変ありがたいです。

 

大量出荷にともなう対応としては、佐川急便用の送状と、ゆうパケット用の送状は送状の形状や印字内容が異なるため、運用時にしっかりとした切り分けの運用を行う事が必要になってきます。

2022年4月19日 (火)

サクラの季節は終わりましたが

サクラの季節も終わって、館林はつつじが岡公園のツツジが満開の季節になりました。

今週末くらいまでがツツジの見ごろシーズンとなります。

 

桜の季節は終わってるのですが、

12年前、ひまわりユアハンズの駐車場に植えたばかりの頃の桜の写真がでてきました。

 

Imgp2483

Imgp2484

 

植えたばかりのころ2010年はこんなに貧相な感じでしたが

あれから12年

Img_2476

Img_2497

こんなに大きなサクラになりました。

ひまわりユアハンズも駐車場のサクラにまけないようどんどん大きくなっていきます。

 

2022年4月12日 (火)

届かない制服

入学式に発注した制服が届かない。

 

ムサシノ学生服の社長が会見を開きました。

コロナ過の中でメーカーや物流に例年では想定できない事態が発生しており、納期指定の商品が届かないという事態が起きています。

現在の製造流通はサプライチェーンが完全に整った状態で、必要最小限の資材の手配を行い、製造工程を経て、指定納期ぴったりに納品するという流れが一般的になっています。

昔は、メーカーが余剰に在庫を持ち、余裕のある指定納期の中で商品を調達する事が一般的でした。

余剰な原料在庫は利益を圧迫し、余分のある納期による商流は、売り場にストックするスペースや売れ残り在庫をうむ原因となります。

こうした無駄をなくすための物流改善を製造現場や販売ではこの20年続けてきました。

お客様の手元に安価な製品を指定した日に正しくお渡しする為のこうした仕組みは、以前のような余裕のある在庫や納期によるロスを極限までなくした状態でできあがっています。

今回の入学式に制服が間に合わない問題については、この会見を開いた販売店だけの問題ではなく

製造や物流すべてに関するサプライチェーンのどこかに狂いが生じたのが原因だと思います。

短納期で大量発送、大量発注が発生する業界は沢山ありますが、この物流波動が大きければ大きいほど、こうしたバランスの狂いによる影響も大きくなる傾向が強くなります。

2022年4月 4日 (月)

桜満開

ひまわりユアハンズ駐車場にある桜が満開になりました

例年の会社主催のお花見は今年も新型コロナ対策のため中止ですが

満開の桜は従業員の心を癒やしてくれるはずです



« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »