2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月31日 (月)

船舶物流効率が落ちる事で上がるモノの値段

コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった マルク・レビンソン https://www.amazon.co.jp/dp/4822245640/ref=cm_sw_r_tw_dp_MXS0EAG1MT1NTP3KABAC @amazonJPより
物流とは何か?
単に物を運ぶ事からより効率よく運ぶためにどうするべきか
私共物流事業者にとっては、なじみのあるモノですが、一般の消費者の方々からしたら見たことはあるけど触った事のない物ばかりでしょう。
コンテナやパレット、オリコン、カゴ台車、フォークリフト、ハンドリフト、6輪台車
どれもこれも品物と効率よく運ぶためになくてはならない道具であると同時に
みな、国内や国際的な寸法基準に沿って同じ大きさ、同じ用途で使用ができるように作られています。
パソコンが世界で共有の使い方ができるようになったのは1980年代のMS-DOSというOSが出回り始めてからですが
コンテナ輸送については50年以上前の1960年代から使われています。
安価な海外製品が国内で大量に消費できるのもこの船舶輸送に使われるコンテナのおかげですが、
海外製品が安価なまま国内で流通できる仕組みについては、コンテナを運ぶ国際船舶の効率的な輸送と
それを支えるシステム面が大きいです。
ある意味、電車のダイヤのように綿密に計画された船舶輸送の路線便は、ここ2年ほど世界を巻き込んでいる新型コロナのせいで運用がかなり乱れてしまい、コロナ前に比べて効率もコストもかなり悪くなりました。
その影響もあってか、2月より食料品など生活必需品の数々が値上げとなります。
一般的に値上げの原因は原材料価格や人件費価格の高騰が原因となることが多いのですが
これから数年の間は、こうした物流コストの増加による価格上昇も頻繁に発生してきそうな気配です。

2022年1月24日 (月)

若年者へのワクチン接種は有効か?コロナと共存する世界とは?

若年者へのワクチン接種が認可されるようです。

オミクロン株の新型コロナ感染が広がる中、学校に通う小中学生にもワクチンが接種されるようになるのでしょうか。

まだ、若年者の場合、ワクチンの効力や副作用などよくわからない事象も多く、様々な噂や症例などに振り回されそうな気がします。

ダイヤモンドプリンセス号での新型コロナ患者の感染拡大や、国内での感染確認が報道されるようになってから

もうまる2年が経過しました。

あの頃、東京オリンピック2020までにはなんとか納まってくれれば・・・と思っていましたが

2年経過してこのような状況とは、よもやよもやと言ったところです。

2019年まで当たり前だった雑踏や人込みありきといった繁華街の賑わいやイベント事といった事はもう元の通りになることは無いと言う識者もいます。

あの頃当たり前だった友人知人との何気ないひと時や旅行やイベントに出かけて行った事が、今では本当に難しく、懐かしい事に感じます。

思えば、日本の商習慣や休日の過ごし方と言えば、常にイベントありき、大型連休ありき、行事ありきといった波動が大きい物事ばかりだったように感じます。

大勢が一斉に行動しないように、分散して様々な活動ができるような、人それぞれの休みの取り方や休日の過ごし方、買い物の仕方が新型コロナと共存する世の中での過ごし方として定着していくようになるのでしょうか。

2022年1月17日 (月)

トンガ海底火山噴火

太平洋トンガ沖合で大規模な海底火山が噴火

影響で日本にも津波が観測されるなど様々な影響が出ています。

あまりにも規模が大きな噴火だったため、今後太平洋を横断する飛行便については相当の影響が出るものと思われます

特に、日本からだとオーストラリアや東南アジア方面の便が難しくなるかと

船便にも影響が出ると思います。

東南アジアやオーストラリアからのコンテナ便など相当の遅れが出るかもしれません。

年末から日本のマクドナルドでフライドポテトの提供がままならない状況になっていますが

これも商品生産の問題よりも物流の問題で供給が滞ってしまうのが原因らしいです。

2022年1月11日 (火)

成人式・・・20年前の出来事

先日、私の従兄弟の子供が成人式を迎えました。

ついこの間まで小学生だったと思っていたのですが、月日が経つのは早いものです。

今年成人した人が生まれた頃20年前というと2001年~2002年ということになるのですが

2001年一番大きな出来事と言えばアメリカ同時多発テロ事件ですね。世界中が騒然となりました。

2001年ごろは中国や韓国はまだ経済的な台頭を見せていなく、日本の半導体や家電関係の企業はまだまだ国際的な競争力が強かったそんな時代だったと思います。

外食産業は異常な値下げ合戦を繰り返し、牛丼が300円以下、ハンバーガーも100円以下

小泉総理の貴乃花優勝での「痛みに耐えて頑張った感動した!」もこの年でした

あれから20年、日本は痛みに耐えて頑張ってきたのでしょうか。その頑張った成果が今の状況なのでしょうか。

 

2022年1月 5日 (水)

2022年 あけましておめでとうございます

2022年 あけましておめでとうございます 1月5日より ひまわりユアハンズ2022年営業開始となっております

 

2020年、2021年と2年間 新型コロナウイルスによる生活や仕事への影響が続いてきました

2022年1月5日現在でもこの影響はまだ大きく残っており、

マスクの常用、大人数の集団行動の制限、海外などへの移動の制限など

2019年の行動様式と同じレベルに戻るまでには、まだまだ時間を要すると思われます。

しかし、感染数に対する重傷者や死亡者が少なくなるなど、克服するまでの道のりが開けてきた感もあります。

物流、流通の世界でも昨年はコンテナ不足など新型コロナによる生活様式の変化に関連する障害がおきてきました

2022年はどのような影響があるか、注意して見守り、そしてお客様に発信していきたいと思います。

 

2022年も ひまわりユアハンズを宜しくお願いいたします。

 

 

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »