2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 半導体と原油不足の物流への影響 | トップページ | RFID利用した物流 »

2021年11月22日 (月)

欧州で人気のモータースポーツ

日本ではまったくといっていいほど話題にならないモータースポーツ、WRC(世界ラリー選手権)

欧州ではF1と双璧をなすほど人気のレースですが、日本では知る人ぞ知るといった感じです。

90年代から2000年初頭までトヨタ、三菱、日産、マツダなどのメーカーが凌ぎを削っていたのですが

その中でも群馬に工場を持つSUBARUはこれら大メーカーを相手に製造者分門で3回、ドライバー部門で3回

年間優勝を飾るという偉業を成し遂げました。

当時、都内に努めていたのですが、故郷のメーカーがつかんだモータースポーツ世界一の称号に興奮し、

また、年間十数回世界各地で行われるWRCのレース結果にも一喜一憂したものです。

2009年のリーマンショックのあおりで、スバルを含め日本のほとんどのメーカーからWRCから撤退をしてしまい

欧州メーカー中心の大会になっていましたが、2017年からトヨタが復帰し

今年、製造者部門とドライバー部門の年間ダブルタイトルを獲得するなど、90年台後半を彷彿をさせる活躍をしています。

本来ならば、昨年と今年、11月に愛知県でWRC第12戦ラリージャパンが開催される予定だったのですが

新型コロナの感染拡大の為、中止となってしまいました。開催されれば2010年まで北海道で行われていたラリージャパン依頼の盛り上がりだったと思いますので大変残念です。

今年、東京オリンピックの自転車ロードレースで、日本の街中や神社を大勢のロードバイクが疾走する姿に驚いた日本人が多かったですが、日本の田舎道をもの凄いスピードで走るラリーカーは、もっと多くの日本人を驚かせるに違いありません。

« 半導体と原油不足の物流への影響 | トップページ | RFID利用した物流 »