2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月22日 (月)

欧州で人気のモータースポーツ

日本ではまったくといっていいほど話題にならないモータースポーツ、WRC(世界ラリー選手権)

欧州ではF1と双璧をなすほど人気のレースですが、日本では知る人ぞ知るといった感じです。

90年代から2000年初頭までトヨタ、三菱、日産、マツダなどのメーカーが凌ぎを削っていたのですが

その中でも群馬に工場を持つSUBARUはこれら大メーカーを相手に製造者分門で3回、ドライバー部門で3回

年間優勝を飾るという偉業を成し遂げました。

当時、都内に努めていたのですが、故郷のメーカーがつかんだモータースポーツ世界一の称号に興奮し、

また、年間十数回世界各地で行われるWRCのレース結果にも一喜一憂したものです。

2009年のリーマンショックのあおりで、スバルを含め日本のほとんどのメーカーからWRCから撤退をしてしまい

欧州メーカー中心の大会になっていましたが、2017年からトヨタが復帰し

今年、製造者部門とドライバー部門の年間ダブルタイトルを獲得するなど、90年台後半を彷彿をさせる活躍をしています。

本来ならば、昨年と今年、11月に愛知県でWRC第12戦ラリージャパンが開催される予定だったのですが

新型コロナの感染拡大の為、中止となってしまいました。開催されれば2010年まで北海道で行われていたラリージャパン依頼の盛り上がりだったと思いますので大変残念です。

今年、東京オリンピックの自転車ロードレースで、日本の街中や神社を大勢のロードバイクが疾走する姿に驚いた日本人が多かったですが、日本の田舎道をもの凄いスピードで走るラリーカーは、もっと多くの日本人を驚かせるに違いありません。

2021年11月 8日 (月)

半導体と原油不足の物流への影響

半導体不足と原油供給不足の日常生活への影響が出始めています。

新型コロナによるパンデミックが広がる前はどちらも問題なく供給されていましたが

このパンデミックが収束を迎えようとしている状況の中でどちらも供給が不足しています。

・新型コロナ過の中で、需要が減り、減産をしてきた

・コロナ過が収束する見通しがたち、減少してきた需要が一転、大幅な需要増となった

・半導体も原油も供給する国や地域が限定されていて、需要に対する供給増がすぐに見込めない

こうした似たような状況が半導体、原油同じように発生しています。

特に自動車関係では、現在の自動車の制御に必要な様々な種類のチップの入手が遅れ、コロナ過が収束の見込みで需要が増えているにも関わらず、減産をせざるをえない状況が発生している上に、原油高によるガソリン高騰もあいまった状態になっています。

現在運用されているトラックなどの輸送便は原油高が、今後の需要に関しては新規トラックの手配が大きく影響を受けそうです。

今年も年末が近づいてきました。年末の物流業界の最繁忙時期でのこの状況は大変不安がありますが、様々な運用手段で乗り越えていく必要があります。

今後の半導体と原油供給の進展と動向には要注目です。

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »