2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 平成は世の中がデジタル化。次の時代はどうなる? | トップページ | 2018年の最終営業日となります »

2018年12月17日 (月)

「弱みを強みに変える」ってどうゆうことだろう

先日、ある方からのお誘いを受けて、高崎で開催された異業種交流会に出席させていただきました。
「弱みを強みに変える」をテーマに、座談討論をして、各グループごとにまとめた内容を発表しました。
出席している方々は、経営者がほとんどでしたので、経営者視点に沿った意見や、
経験談がたくさん出て、大変感慨の深い、面白い意見交換の場になったと思います。

最終的に各グループ、それぞれ思い浮かぶ「弱み」と「強み」を発表しました。
各グループ共通した認識として、
弱みとは自分ひとりでできないこと、強みとはそれを助けてくれる存在
という回答が多かったようです。

「弱みを強みに変える」という言葉はよく聞くのですが、普遍的にどういうことなのか
会合が終わったあと、自分なりにもうすこし考えてみました。

「弱い」と感じるとき、「強い」と感じるとき、人や物や国やさまざまな物事に置き換えたとき
普遍的に通じるものごととはなんなのか。


「弱さ」と感じることは・・・?
不安、不信、孤独、小さい、敗北、貧乏・・・・基本的に足りていない事、満ちていないこと

「強さ」と感じることは・・・?
自信、与信、協力、大きい、勝利、富裕 ・・・・基本的に足りている事、十分・余りある程充足していること

上記のような「弱さ」「強さ」の感じ方は、自己判断による感じ方と、周囲から見る相対的な見方があり
自己判断での「強さ」=勘違いの事が多いような気がします。

私が考える「弱さを強さに変える」ということは、弱さが強さと同意になるという事ではなく、
「弱さ」を知り「強さ」を得るために努力・克服する事。
「弱さ」に気づく手段、「強さ」を得るための手段を手に入れる事。
「強さ」を手に入れたとしても、それが勘違いではなく、相対的なものであることを確認する事。
そこで発生するあらたな「弱さ」に対してまた働きかけができる事。

こうした、永遠の成長を自身と企業に働きかけができることが
企業としての「弱みを強みに変える」だと思います。

みなさんは「弱みを強みに変える」とはどういうことだと思いますか?
人それぞれ異なる解答になると思いますが、いかがでしょう。

« 平成は世の中がデジタル化。次の時代はどうなる? | トップページ | 2018年の最終営業日となります »

雑記・雑談」カテゴリの記事