2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« アパレルネット通販会社隆盛と今後の通販物流 | トップページ | 「もしも」の視点になることの大切さ »

2018年8月10日 (金)

相場を逸脱する輸送金額に注意

郵便局DM汚職 不正防止チェックが形骸化 局の体質指摘の声も 神奈川 - 産経ニュース http://www.sankei.com/region/news/180307/rgn1803070004-n1.html @Sankei_newsさんから

東京新聞:DM汚職 9カ月で接待30回 郵便局元課長ら2人、同席も:茨城(TOKYO Web) http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201806/CK2018062302000155.html

郵便局のダイレクトメール発送料金をDMの数量の過少申告を見逃すことで不当に安い金額での請求対応をおこなうという汚職が発覚したのが今年の2月ごろでしたが、
物流業界でこうした運送費用の金額を不当に値引き対応させるというのは他でもおきていないのか
輸送業者を利用する側からも確認をすることが望ましいです。
これは郵政だけにかぎらず、大手中小含めた運送事業会社どこでも起こりえる問題だからです。
運送費用は物量によりコンテナ、大型トラック、4t車などそれぞれのトラックの大きさと費用である程度の相場があります。
それを大幅に逸脱して安くなっているケースがあれば、その運用方法など内容について確認をした方がよいでしょう。

« アパレルネット通販会社隆盛と今後の通販物流 | トップページ | 「もしも」の視点になることの大切さ »