2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 身の回りのアメリカ製品、アメリカサービス | トップページ | 倉庫保管された商品の災害時のリスク »

2017年2月17日 (金)

アスクル物流センター火災

アスクル、鎮火めど立たず=物流倉庫、配送影響も-埼玉・三芳:時事ドットコム
http://www.jiji.com/sp/article?k=2017021701302&g=soc

1日以上消火を続けているにもかかわらず鎮火のめどが立っていないということですが、
火のついていない倉庫部分に保管された商品も消防活動時の放水でダメになってしまいます。
倉庫火災の怖さは消防設備が整っていたとしても保管物の量や特質で被害が大きくなる可能性があることです。

« 身の回りのアメリカ製品、アメリカサービス | トップページ | 倉庫保管された商品の災害時のリスク »

雑記・雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アスクル物流センター火災:

« 身の回りのアメリカ製品、アメリカサービス | トップページ | 倉庫保管された商品の災害時のリスク »