2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 6月1日 36.3度 | トップページ | 七五三の波動受注を減らすには »

2014年6月 6日 (金)

繊維・衣服産業の今

ファストファッションに潜む影|過酷な労働環境が引き起こした、悲しい事故 http://tabi-labo.com/8905/garmentsmatter/ @tabilabo_newsさんから

日本でも報道されていた事故ですが、建物崩壊による死傷者の数は
聞き覚えがあったのですが、その仕事内容や経緯については
詳しくしりませんでした。

先日、世界遺産登録のされた群馬県富岡市の富岡製糸場ですが、
日本も海外との貿易がはじまった時期、外貨獲得のためにまず
整備された産業は繊維・衣服でした。

歴史の授業で習った産業の移り変わりとしては
軽加工産業から重工業へと進んでいくのですが、
世界では、どこかでこの繊維・衣料産業を主力の産業として取り組み
そしてそれを輸入している国々があるわけです。

私どもが衣料品の検査などを始めた1980年代、こうした衣料品の輸入元
としては、中国はまだ出始めで、韓国なども多かったようです。

衣料品もそうですが、昨今のIT機器も、内臓構成部品以外の
完成品組立て作業などは、いまだ大量の人手による加工、生産がメインと
なっています。

« 6月1日 36.3度 | トップページ | 七五三の波動受注を減らすには »

雑記・雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 繊維・衣服産業の今:

« 6月1日 36.3度 | トップページ | 七五三の波動受注を減らすには »