2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 荷物の破棄に関する輸送事業者の判断とは? | トップページ | 繊維・衣服産業の今 »

2014年6月 2日 (月)

6月1日 36.3度

昨日は6月としては記録的な猛暑になり、

弊社のある群馬県館林市では36.3度という気温を観測しました。

ここ数年、夏の暑さは厳しさを増すばかりですが
梅雨入り前で湿度が低いとはいってもさすがにこの暑さでは
気楽に外で運動したり、子供を遊ばせたりするわけにはいきません。

冬の寒さ対策と同じくらい、夏の暑さ対策を
仕事の上でも、普段の生活の上でもやっていく必要がありますね。

そんな暑さの中、昨日は家族で館林市の富士獄神社で400年続いている
初山大祭に行って来ました。

これは、毎年5月31日、6月1日に行われるお祭りで
その年に生まれた赤ちゃんのおでこに大きなハンコを押して
無病息災を祈るものです。

今から400年前の6月1日はどのくらいの気温だったのでしょうね。
子を思う親の心は400年経っても変わらないとは思いますが。

« 荷物の破棄に関する輸送事業者の判断とは? | トップページ | 繊維・衣服産業の今 »

館林」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月1日 36.3度:

« 荷物の破棄に関する輸送事業者の判断とは? | トップページ | 繊維・衣服産業の今 »