2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 遅まきゴルフコースデビュー | トップページ | パソコン移行作業 »

2013年11月11日 (月)

書店がなくなっていく

国内の書店がどんどん姿を消しているらしいです
1999年から2013年の間に全国の書店は22,296店から14,241店と
8,000店以上なくなったそうです。

インターネットでの情報取得だけでなく、通販による書籍の購入や
書籍そのものの電子化といった流れで、近くの書店に寄るということが
どんどん少なくなっているということでしょう

私が住む地域でも、街に昔からあった小さな書店は本当に少なくなり
大手資本の大型店しかなくなってきていいますが
小学生の頃は、小さな書店に行くのは結構好きでした。
小さなスペースに子供向け、大人向け、娯楽、経済、思想、哲学、情報
科学、本当に様々な情報がギュウギュウに詰まった感じで
未知の世界が広がっているかのような、なんだかワクワクした思い出があります。

通販の利便性を享受できるのは物の分別ができ、所得もある世代が中心ですが
小さな子供が大人の世界を垣間見るワクワクやドキドキも
これからはインターネットの中の世界で味わうことになるのでしょうか?
それはそれでちょっと寂しいような気もしますね。

« 遅まきゴルフコースデビュー | トップページ | パソコン移行作業 »

雑記・雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書店がなくなっていく:

« 遅まきゴルフコースデビュー | トップページ | パソコン移行作業 »