2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« U-1グランプリ | トップページ | 2020年東京オリンピック »

2013年9月 6日 (金)

スマートフォンほんとうの戦い

本日、新聞各紙に次期iphoneがDocomoより販売という報道がされていました。

スマートフォンの中でもっとも競争力のある商品がAPPLEのiphoneだったのですが
いままでNTTDocomoは国内のメーカーとのしがらみや、自社のコンテンツを
利用するために端末側に設定を加えることを前提とした交渉が必須であるなど
この商品を利用することができませんでした。
ここにきて、iphone導入となったのは、国内メーカー重視の姿勢と
自社コンテンツへの誘導をあきらめてでも、ユーザーの確保を最優先に
するという考えに至ったのでしょう。
Docomoユーザーにとっては朗報だと思います。

ただし、NECやパナソニックなど、いままで携帯電話を作ってきたメーカーが
あいついでスマートフォンの開発から撤退するなど、製品のさまざまな
選択肢が狭められているという状況になってきました。

世界でみると、iphoneに対抗できる製品を売ってきているのは
韓国のSAMSUNGということになっていますが、
日本の残ったメーカーにも頑張って、iphoneに負けない製品を
作ってもらいたいものです。

中身の性能は国内メーカーの製品でも、iphoneやSAMSUNGに劣らない内容に
なってきたと思います。あとは、どれくらい使う人の立場になって
あつかいやすい製品を作れるかどうかがポイントでしょうね。

« U-1グランプリ | トップページ | 2020年東京オリンピック »

雑記・雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォンほんとうの戦い:

« U-1グランプリ | トップページ | 2020年東京オリンピック »