2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« クリエイティブな仕事こそ田舎で?! | トップページ | いい加減な仕事の代償 »

2012年12月 8日 (土)

地震と教訓

昨日夕方、宮城沖マグニチュード7.3の大きな地震が発生しました。

私は、ちょうど外出先から会社に帰社した直後で、車から降りるときに
揺れを感じました。
長い揺れが続き、その後かなり大きな揺れを感じました。
事務所や作業所から作業員が工外へ避難し、様子を見守りました。
工場内の様子は物の落下、けが人などなく、ほっとしました。

地震直後から、宮城地方には津波警報が発令されました。
テレビでは、地域住民に対して避難を呼びかけるアナウンスが流れていました。

気がついたのは、大震災のときとは明らかに伝える側の語尾、口調が強いということ。

あの震災のときに比べて今回の地震の規模は小さく、
津波による死傷者はなかったということでしたが、
地震が発生して、津波警報が出たあとの、情報を伝える側の立場と
伝えられる立場の側、双方が、いま何をしなくてはいけないのか
真摯に考えて実行したことによる効果だと思います。
震災の時の教訓が生かされた結果だと思います。

本来なら、スマトラ島の大震災の際に、あの災害の実態を我々日本国民が
自分の身に置き換えて真剣に検討していれば、もっと東日本大震災の時に
尊い命が救えたのかもしれません。
いま、それを言ってもなにも始まらないのですが、どこかでおきている何かは
これから私たちにとっても影響を及ぼすことかもしれません。

« クリエイティブな仕事こそ田舎で?! | トップページ | いい加減な仕事の代償 »

雑記・雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震と教訓:

« クリエイティブな仕事こそ田舎で?! | トップページ | いい加減な仕事の代償 »