2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 外部での作業 | トップページ | 電気をたいせつに »

2010年10月22日 (金)

アップルの思い切りのよさ

appleの新製品が発表されましたね

目玉はノートパソコン macbook Air ですかね
テレビの報道ではとにかくその薄さに注目が集まっていた様子ですが

私はそれよりも関心を持ったのが
付属される端子や機能をかなり省略しているという事です

日本人的な発想だと
沢山の顧客にアピールする製品をつくるなら
とにかく本体にできるかぎりの機能を満載させるという物つくりを
すると思うのですが

こと、appleの製品に関してはその逆を行っています
プリンタや外部ディスプレイのコネクタはもちろん
内蔵のDVDなどの光学メディアや
いまやパソコンには必須とおもわれるSDカードスロットや
有線LAN用のイーサネットポートすらありません

ついているのは専用のポート2カ所とUSBのスロットが2つだけ

必要にして最小のものしかついていないのです
これで普段なにか不便を感じるかというと・・・

実は今のインターネットやパソコンを利用する環境を考えると
全然問題ありません

しかも必要最小限の機能にしぼる事で
余分な生産コストを引き下げて最終的な価格も下がり
高品位でありながらリーズナブルで
しかも本体のデザインもすっきりとして優れていると

なんだかいいこと尽くめなんです

もう一つ
一緒に発表されたあたらしいOSとアプリでも驚いたことがあります

もともとmacは登場した時から
ウインドウとマルチタスクとマウス操作による
新しいパソコンの使い方を具現化させたパソコンだったのですが

そのウインドウ操作のパイオニアが
ウインドウによるオペレーションから
アプリを全画面で扱うことが一番使いやすいと
方針を転換させてきたことです

これも
必要なものだけ残して余分をそぎ落としていった考え方なんでしょうか


« 外部での作業 | トップページ | 電気をたいせつに »

雑記・雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アップルの思い切りのよさ:

« 外部での作業 | トップページ | 電気をたいせつに »