2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2022年9月27日 (火)

安倍元首相の国葬が終わりました

開催について賛否波紋が渦巻いた、安倍元首相の国葬が終わりました。

 

故人をしのび、生前の活動を称え、そして残された人は明日も変わらず前を向いて生きていく。

葬儀は大切な人との別れに対して、生きている人達の区切りの儀式なのだと思います。

 

弊社、ひまわりユアハンズは、2011年3月に社名を変更しましたが、その元であった有限会社館林メーリングは私の父親だった品川博明が若くして立ち上げた会社です。

父は2009年に逝去しましたが、残った私達社員が会社を引き継ぎ、来年で55周年を迎えようとしています。

 

安倍元首相の国葬で、「子供たちの未来に希望の持てる社会を作る」と安倍さんが演説している動画がありましたが

次の世代に希望を持ち、引継ぎ、幸せになってもらうことは、現生のすべての人の願いなのではないでしょうか。

社会にはさまざまな立場があり、仕事があり、役割がありますが、

先頭に立ち、導く人を称え、また、後続はその道しるべから確かな道を作り上げるという事ができなければ

より良い未来への繁栄は難しいと感じます。

先頭をゆく人を叩き、新たな道を作り出す人たちの歩みに対して、足を引っ張るような言動は何も生み出さないと思います。

2022年9月20日 (火)

3年ぶりの国際物流総合展

9月13日から16日まで、東京のビックサイトで開催された国際物流総合展に先週の金曜日行ってきました

あらゆる産業の物流業務で使用される、システム、マテハン、車両、梱包資材などおそらく物流に必要な環境機器が、すべて集合しているのではないかというくらいの企業展示会です。

大量ロットの入出荷を素早く、正確に行う為の自動制御ラックや、様々なサイズに対応する自動梱包機、数十個のバーコードを一瞬で読み取る機器など、最新の設備がデモンストレーションされていました。

我々物流事業者だけでなく、荷主の皆様にも一度見ていただくと様々な業務改善や資材削減のヒントになることが多いと思います。

ロットが大きいほど、自働化のメリットが出てくるのですが、逆に小ロットで多様な要求の場合、まだ人の手による出荷対応に頼る事が多い感じです。

しかし、昨今の人件費上昇、物流コストの上昇の状況から、倉庫内の自動化も各企業で着々とすすんでいます。

今回目についたのはSDGsへの対応について各社大きく取り上げていたことです。

私共もこのような技術を積極的に取り入れて、お客様のニーズにこたえられるよう業務を推進させていきたいと考えております。

 

2022年9月12日 (月)

あいつぐフォークリフトの死亡事故

先日、子供を遊ばせていた事が原因でのフォークリフト死亡事故があったばかりですが

このような事故の報道がありました。

 

おもりの鉄板1tが運転席になだれ込み…フォークリフト運転の男性死亡(テレビ朝日系(ANN))
#Yahooニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/da29a122fc62202ef65a3da836ceb3c3f504a464
フォークリフトには物を運搬できる最大重量があります。
それを超えると基本的にはフォークリフトは使用できなくなるのですが、
この記事にあるように、カウンタータイプのフォークリフトの運転席のわずかな空間に重い物(今回は鉄板)を
入れて重量を増す事で無理やり運搬していたようです。
前回の事故も今回の事故も私の持っている事故事例には載っていませんでしたが、
おそらく誤った使い方による事故の例として今後の教本になると思います。
フォークリフトを使用している人は、慣れているがゆえにこうした無茶な使い方をしがちかもしれません
しかし、大変重量があり、かつ鉄の爪や固い車体などがむき出しのフォークリフトはとても危険な乗り物です
こうした事故が続かないように、使用する人には最大限の注意をしていただきたいです。

2022年9月 8日 (木)

痛ましいバス取り残され事故

静岡県で保育施設のバスに取り残された3歳の子供が熱中症で亡くなるという痛ましい事故がおきました。

同様の事故は昨年も発生していて、行政指導により全国の施設でチェックの体制をしているという状況下で起きた事故でした。

様々な要因が重なっておきた非常に痛ましい事故なのですが

物流の運用においても発生する事項として、

複数回のチェック体制をしているが故のミス

臨時作業員による作業を行った故のミス

この2点が大きかったように思います

複数回、複数個所でチェック体制をしいている場合、各々のチェック担当の責任度合があいまいになると

前のチェックがOKだったので担当しているチェックも問題ないだろう

という意識の中、チェックが甘くなる事があります。

慣れていない人にとって、自分の作業結果を確認する仕事というのは、余分な手間で省いてしまいたいという無意識の感情が働きます。

複数チェックをする意味と意識を作業者に常に啓蒙しないとミスが起きる事になります。

臨時作業員によるミスについては、臨時作業員でも可能なレベルの確認作業にする必要があります。簡潔で間違いのない所作の元に初めての人でも確実にできるチェック方法を作る必要があります。

この2点は大掛かりなシステムを作成する必要はありません。

アナログベースで書式を決め、リストを作るだけでも十分可能です。

しかし、手間を惜しまず、継続して、高い意識で行う事は組織全体がつねにこうした事象に対して真剣に向き合っているかどうか

また、チェック体制に対する定期的な確認も必要になります。

簡単にできそうで、5年10年と継続させていくためには社員教育も含めた十分な啓蒙活動がなにより大切なのだと感じます

2022年8月31日 (水)

いたましいフォークリフトの事故

フォークリフトをつかってブランコを作りあそんでいた8歳の女児が亡くなるという痛ましい事故がありました。

ふだん、業務でフォークリフトを使い、また同じ年頃の娘を持つ立場としては、あまりにいたたまれなくて事故についてのコメントができません。

 

フォークリフトは物流施設で使われる運搬器具ですが、とても小さくみえて、その重量は一般的な倉庫で使われる1.5tタイプのものでも約2.8トンもあります。

自動車で同じような重量の車両だと、トヨタのランドクルーザーくらいになります。

倉庫内での速度は10km程度ですが、これだけの質量のある乗り物が人や物に衝突した場合、重大な事故になってしまいます。

また、フォークリフトでパレットごと商品をリフトアップさせる部分、マストとフォーク(ツメ)はやはり人に接触すると大けがや死亡事故の原因となります。

常時、1500kgもの重さの荷物を上げ下げする能力のあるフォークリフトのマストですが、そのフォーク(ツメ)自体は鉄製で非常に重いため、荷物が積んである状態はもちろんのこと、荷物が積んでいない状態でも、フォークの下部分に人や体の一部が入ることは厳禁となっています。

こうした安全に対する対応は、フォークリフトの技能免許を取得する時に講習で学びますが、トヨタL&Fなどのメーカーからも、安全啓蒙として小冊子などが配られています。

この冊子でも過去の事故を例にあげ、正しいフォークリフトの使い方の啓蒙をしています。

普段物流現場で使用しているフォークリフトですが、あらためて安全に対する意識を高める事の大切さを感じました。

Img_6867 Img_6866

2022年8月29日 (月)

事務所のクロスを張り替えました

事務所と食堂のクロスを張り替えました

 

ビフォア ・・・ 木目調クロス

Img_6739

アフター ・・・ 白いクロス

Img_6801

 

Img_6803

 

Img_6806

事務所と食堂が明るくなった雰囲気です

 

 

2022年8月25日 (木)

実は人手がかかる自働化

とあるスーパーでの無人レジコーナーが「人手不足の為、セルフレジコーナーは閉鎖します」という看板があがり使えなくなった。

 

無人のセルフレジが人手不足で使用不能ってどういうこと?!と思いましたが

実はセルフレジは営業終了までにすべての台数を清算しないといけないらしく、それを行う人員が足りないという理由だそうです。

一見、人手が必要ない自働化、無人化の業務でも、何らかの人の管理が必要になることがほとんどで、そこがままならなくなると逆に機械そのものが停止してしまう。こういう事態はこれからも様々な分野で発生するのだろうと思います。

物流の世界も、配送トラックや倉庫内入出荷業務、個人宅配送業務など、さまざまな分野で無人化、自働化の取り組みが進んでいます。

現状、無人化できたとしても利用できる範囲は非常に限定されて、すべてのニーズにこたえられる状態にはなっていません。

イレギュラー対応まで含めた対応を自動でこなそうと思ったら、機械の精度を人間並みにするしかないですし、

逆に自働化に対応できる事象のみ限定した運用に特化した場合、一定割合の非対応な顧客に対してまったく対応ができない状態になりますし

このあたりの裁量は難しいと思います。

 

 

2022年8月17日 (水)

3年ぶりの規制のないお盆休み

お盆休みも終わりましたが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?

3年ぶりのコロナ規制のないお盆休みだったので、帰省をしたり、外泊をしたりさまざまな思い出がこの休みの間につくられたと思います。

花火大会やお祭りなど日本のあちこちで3年ぶりの開催となり、沢山の人出を見てコロナが蔓延する前の状況を思い出した方も多かったかと思います。

2019年にコロナによるパンデミックが伝えられてから、生活や仕事にはさまざまな変化がありました。

人類とウイルスとの戦争と表現する人もいますが、たしかにこれだけ生活に影響のある出来事は戦争のレベルで例えられるのもしかたないと思います。

いずれ、新型コロナウイルスと呼ばれていたこのウイルスも、インフルエンザやカゼと同じような扱いになり、

生活やイベント事も以前のような状況に戻って、皆さんの意識や会話の中からも消えていくのでしょう。

この3年間、本来ならば様々な思い出が作られるはずだった若い世代の人たちにとっては、行動制限を受けたことで得られなかった経験が本当に残念だと思います。かけがえのない3年間だったかもしれません。

3年ぶりという言葉がしばらく様々な場面で聞く事になるでしょうが、不遇な3年間を振り返るのではなく、ポジティブにとらえていきたいものです。

2022年8月12日 (金)

ひまわりユアハンズ夏季休業のお知らせ

ひまわりユアハンズは下記日程にて夏季休業とさせていただきます

 

2022年8月13日(土)~2022年8月16日(火)

*対象部門

ひまわりユアハンズ千代田工場加工1課、成島工場加工3課、大新田倉庫

 

 

2022年8月13日(土)~2022年8月15日(月)

*対象部門

ひまわりユアハンズ千代田工場加工2課

2022年8月 8日 (月)

日本各地の夏まつり

日本各地で夏祭りが開催されています。花火大会も3年ぶりの開催が各地で行われています

どこもたいへんな人出になっていて、皆さんお祭りを心待ちにしていた様子がうかがえます。

沢山の人たちがお祭りを楽しんでいましたが、その99%の人がマスクをつけている様子は、まだ新型コロナが生活に大きく影響を与えている証明です

新型コロナの流行で、各地の催し事が次々と中止になり、寂しい思いをしていた人が沢山いたことがよくわかります。

新型コロナの制限がすべて解除された時には、抑圧された気持ちが爆発するかのごとく、外に人があふれ出て

経済も活発に回り、景気も良くなればいいんじゃないでしょうか。

新型コロナさえなかったら。2022年はどんな年になっていたでしょう。

昨年開催された東京オリンピック2020の閉会式から1年経過しました。まだまだ様々な制限はありますが徐々に日本の中も正常な日々にもどりつつある。そんな様子が垣間見られた終末でした。

«2022年秋の最低賃金引上げ金額